弁護士 永井 龍のプロフィール

弁護士 永井 龍のプロフィール

弁護士 永井 龍

すべての人に自己の権利を主張できる手助けを

弁護士 永井 龍Ryu Nagai

千葉県弁護士会所属

弁護士 永井 龍からのメッセージ

すべての人に自己の権利を主張できる手助けを

法律はややこしく,難しいです。

多くの方が,法律の条文を読んでも,「よく分からない。」,「読めるけど,自分の場合はこれにあたるの?」という壁にぶつかると思います。

弁護士の役割は,そのような法律知識がなく,条文を正しく読めない人でも,法律に則り自己の権利を主張できるように,その人の手助けをすることだと私は思っています。

そして,これが「手助け」であることも忘れてはならないことでしょう。主体は権利の主張者本人であり,弁護士はあくまで代理人です。本人が何も分からないまま手続を進めることも,本人の意思に反して弁護士の思う主張をすることも「手助け」ではないと思います。

そのため,ご依頼者に専門的なことを分かりやすく説明し,ご依頼者がその説明を理解した上で,ご依頼者の状況にあった最善の法律構成での権利主張を,ご依頼者自らの意思で選択できる,そのようなアドバイスのできる弁護士を私は目指しております。

人となり

趣味・特技

映画を観ること、漫画を読むこと。
好きな漫画は、『ヒカルの碁』(ほったゆみ)、『HUNTER×HUNTER』(富樫義博)

感銘を受けた書籍

『人を動かす』(D・カーネギー)

人生の目標

人に必要とされる人間になる

座右の銘

感謝、正直
弁護士 永井 龍

経歴

  • 立教大学
  • 法政大学法科大学院

千葉の弁護士として活動しようと思ったこと

千葉で育ったのに

私は,小中高と千葉県の学校に通い,千葉県で育ちました。しかし,私は自分が住んでいる県であるにもかかわらず,千葉県についてよく知りません。

行ったことのない場所ばかりですし,地名すら知らない所も多いです。せっかく千葉で育ったのに,千葉のことを何も知らないなんて残念ですよね。ですから私は,千葉育ちとして,より千葉のことを知るために,千葉で弁護士として活動しようと思いました。

弁護士として志にしていること、役目

分かりやすい説明と分かりやすい文書

先ほど述べたように,私は,弁護士の役割とは,ご依頼者の権利主張の手助けだと考えております。ご依頼者を置き去りにした事件の処理は好ましくはありません。ですから,私は,ご依頼者に対する分かりやすい説明を心がけております。

また,弁護士の業務において大きな割合を占めているのは,文書作成の業務です。弁護士は,ご依頼者に提出する文書,相手方に提出する文書,裁判所に提出する文書と様々な文書を作成します。そのため,弁護士には文書作成能力が求められます。文書作成能力のなかでも,一番求められるのは分かりやすい文書を書く能力でしょう。ですので,私は,分かりやすい文書を書く弁護士がよい弁護士だと考え,日々,分かりやすい文章で文書を作成するよう心がけております。

弁護士として働きがいを感じる瞬間

感謝と成長

私が弁護士として働きがいを感じる瞬間は,月並みですが,ご依頼者から感謝をされたときです。感謝されてうれしくない人はいないと思いますし,私の場合は,ご依頼者から感謝されることで,自分が社会貢献できたと実感できるからです。

また,処理の難しい案件に悪戦苦闘しているときも,弁護士としての働きがいを感じます。処理の難しい案件の場合,処理のために文献を調べたり,あれこれと考えを巡らせたりするため,弁護士として成長できます。そのため,自分が成長できる案件を処理しているときは,つらくもありますが,働きがいを感じます。

千葉にお住まいで法律問題で悩まれている方へ

後悔の残らない選択を

生きていれば納得のできない問題に直面する機会があると思います。その中には,もちろん,法律ではどうすることもできない問題もあるでしょうが,法律で解決できる問題もあるかもしれません。法律で解決できるかどうかは専門家の意見を聞いてからでないと分からないことも多いと思います。ですから,納得のできない問題に直面したら,とりあえずは,専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょうか。もしかしたら,泣き寝入りしなくても済むかもしれません。

何もしないで後悔し続けるよりは,何か行動に移した方が,後悔が残らないと思います。

相談に乗りますので,是非,弊所まで足を運んでいただければと思います。